無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
自転車メンテナンス講座(ボールベアリングとグリス)
それでは、グリスがどんな所に使われているか見てみましょう!拍手

今回はグリスの使われている部品のひとつ、BB (正式名称ボトム・ブラケット)の写真をお見せしましょう!

『ボールベアリング』という仕組みが分かる、古い形のBBです。

自転車に乗っている人は数いれど、この部分を見たことのある人は少ないと思います。

BB
ジャーンッ!!

なんじゃこりゃ?って感じですか?

一応念のために自転車のどの部分か確認しておきましょう!

BBの場所
ここです!

ここに手を出す人は上級者です。レンチ

この『BB』、初めてバラした時、その単純さにビックリしました。

BB部品

部品はこれだけです。
(写真のベアリング用の球は片方分だけです)

では、組み立ててみましょう。

ワン
これにグリスを塗ってから球をのせて

ボールベアリング
(今回はグリスをふき取るのが面倒なので塗ってません)
ここにシャフト(軸)を通せば

BBの仕組み
ハイ出来上がり♪

簡単な仕組みでしょ?

でもこれ、実際に自転車に付ける時って、意外と大変なんですよ!

これが横に付いてるわけですから、グリスがゆるいやつだと、ベアリングの球がポロポロ落っこちちゃうんです。悲しい

今のBBはベアリングとシャフトがセットの状態になってるので、簡単になりました。


本題に戻りますが、このベアリングの部分には必ずグリスが使われており、このグリスが減ったりゴミが入ったりすると、変な音がしたり、最悪の場合、球が割れてしまい、ペダルを踏んだ時の体重などをまともに支えられなくなるということになります。

これは非常に危険です!危険

このボールベアリングという方法を使っているのが、注油編で「油をさしちゃダメ!」と言った、ハブヘッドチューブ、そして今回紹介したBB(ボトム・ブラケット)というわけです。

この3ヶ所のうち、ヘッドチューブ(ここで言うのはヘッドパーツ)、ハブに関してはグリスアップという作業を行います。
(BBに関しては、最近はカートリッジ式(全部セットでベアリング部が見えない)のものがほとんどなので、必要ありません)

まぁ、このグリスアップ作業は上級者向けなので、「どうしても自分でやってみたい!」という人以外は、自転車屋さんでやってもらう方がいいでしょう。

その代わり、お店で頼むと、取り替えるのはグリスだけでも、工賃は3千円〜4千円はかかるかも知れません。お金
(自分でやれば材料費の数十円で済むのに)

もちろん、リクエストがあれば、このブログでもやり方は教えます!


それでは、今日のメンテ講座はこの辺で!
| かばでぃ | 自転車メンテナンス講座 | comments(12) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2006/09/13 1:23 AM posted by: 葉月瞬
ためになる講座をありがとう!
2006/09/13 6:49 AM posted by: cabady
>葉月瞬さん
ためにしてくれてありがとう!
2006/09/13 1:00 PM posted by: カノン
メンテナンス講座ありがと〜♪
昼休みが終わっちゃったので、また夜 じっくり読ませてもらいますね!
2006/09/13 4:05 PM posted by: cabady
>カノンさん
いえいえ〜♪
「自転車メンテナンス講座」のカテゴリも作って、まとめて見れるようにもしました。
時間ができたらでも、OKです!
2006/10/25 3:05 PM posted by: ecolove6
いやはや、ふらふらしていてたどりつきましたが、正に知りたいポイントでした。一番上の写真で、軸の右にネジ山あり。

そうか、古い型なのか。今のシマノのパーツカタログだと普通のネジ山がなくてちくわのようだった。しかし、俺のペダルは六角ボルトで止まっていた。なぜかなー?と思ってました。ありがとうございました。

ところで、右も左も正ネジでしょうか? なんでも逆ネジの事があるそうで。
2006/10/25 4:10 PM posted by: cabady
>ecolove6さん
初めまして♪
写真のBBは、もう15年も前に買ってもらったロードレーサーのもので、この仕組みのBBはママチャリ以外では本当に見かけなくなりましたね。
逆ネジになってるというのは、右ワン(ワンとは上から4番目の写真のものです)のことで、一番上の写真でもよ〜く見るとわかりますが、右側のワンはネジ山が、反時計周りに回すと締まるように切られています。
今やBBにも色んな形状があるので、クランクやBBを交換する時は注意が必要です。
お店の人に聞くか、失敗してもいい!という覚悟で自分で交換するかは選択の自由です♪
後者の場合、どこがどう違うかを身をもって知ることができますね!(^_^;)
あまりお勧めはしませんが。
2006/10/25 5:13 PM posted by: ecolove6
ご説明ありがとうございます。

私の MTB は5-6年前のですが、14mmの六角ボルトが見えるという事はこのタイプですよね。古いものつかまされたのかな?

いたって調子は良かったのですが、最近、付加のかかった状態でペダルをこぐとかすかにシャリ、シャリと金属音がするので中のベアリングでも割れたのかなと思い、交換すべく14mmのソケットレンチを買ったところです。

失敗してもいい!という覚悟もなく、失敗しないぞ!という自信もないですが、自分で交換するつもりです。構造を身をもって知ろう。よし!
2006/10/25 5:31 PM posted by: cabady
>ecolove6さん
これは非常に言いづらいことなんですが(^_^;)、その14mmのナットを外してもクランクまでは外せません。
詳しくはメールいたしますね♪
2006/10/29 5:58 PM posted by: ecolove6
先日はアドバイスありがとうございました。
少しやりました。

14mmのソケットレンチ、ご紹介いただいたクランクはずしのツール、メンテナンススタンド、それと吉村さんの自転車メンテの本(ご存知?)まで買って、クランクまで外して、BB の周囲のほこりを掃除して、またクランク取り付けました。満足感あり!

BB を指で回したら、連続的になめらかにシャーっと回るかと思いましたが、意外にもゴロッゴロッって少し重い感じでした。指で回しているせいかな? 特に異音はしませんでしたので、深入りせず。

クランク付けると、その重みでか、スムーズに回り、ベアリングは壊れてないらしいので、まあいいか、と思ってます。

また難関にぶち当たるような事があったらご相談させていただいてもいいでしょうか?
2006/10/29 7:37 PM posted by: cabady
>ecolove6さん
BBはそんなにクルクル回るものではないので安心してください♪
逆にクルクル回るようになったら、中のグリスが切れかけているということなので、要注意です。
やはり音の原因は、BBでは無かったようですね?
チェーンとカセットスプロケットとディレイラーをキレイに洗って油をさし、ディレイラーの調整をすれば、多分鳴らなくなると思います。
メンテ本を買ったようなので、専門用語バンバン使ってしまいましたが、わからないことがあったら何でも聞いて下さい。
「こんな事聞くのちょっと恥ずかしいな。」なんてことも気にしないでくださいね♪
このブログを見ている人に、自転車に詳しい人もいないので。(^_^;)
2006/10/29 9:13 PM posted by: ecolove6
またまたありがとうございます。

BBはそんなにクルクル回るものではない、っていうような事は本に書いてませんねえ。安心しました。ぐっすり寝られます。

実は、ここ2-3日シャリシャリいわなくなっちゃったんです。なぜか分かりません。でも、どうも心配で分解したかった訳です。

もう、専門用語バンバン理解しちゃいますよ。

そう、今、ダウン(1>2>3)はゆるゆるいのに、アップ(3>2>1)が硬めなので、様子みてディレイラーの調整でもトライしてみようと思ってます。



2006/10/29 10:06 PM posted by: cabady
>ecolove6さん
安心して寝てください♪(*^_^*)
ディレイラーの調整は、経験値を稼ぐには一番いいです!
方法は簡単だけど、いいポジションに調整するのはやはり勘なので、頑張ってみてください!
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://not-a-mexican.jugem.jp/trackback/160